始め方 バトルシステム

イルビウム(Illuvium)プライベートβ2(PB2)始め方|勝つためのポイントは?動画を入れて解説

2022年10月7日

イルビウム(Illuvium)のプライベートβ2プレイ出来るようになった!

だけど、全然勝てない・・・

イルビウム(Illuvium)のプライベートβ2はオートバトラーで仕組みを理解しないと、すぐに負けてしまいます。

仕組みを理解せずリーダーボードに乗れるほど簡単ではありません。

すべてが英語の情報で、英語が苦手な人はそれだけで挫折するかも知れません。

そこで、この記事ではイルビウム(Illuvium)プライベートβ2の基本的な操作方法からバトルに重要な『オーグメント(Augments)』の使い方まで日本語で動画を入れてわかりやすく解説します。

アクション要素が少ない分、基本を知ることが大切です。

\ 今すぐに『始め方』を知りたい人 /

「イルビウム始め方」を読む

この記事の著者
  • イルビウムを1年以上調査
  • β版からゲームもプレイ
  • 133万円以上イルビウムに投資
  • SNS総フォロワー数4200人以上
  • 日本初の大会を運営サポート・解説
  • 各種メディアやギルドで専門家として紹介
  • 詳細は『プロフィールへ
ヨウ♪です。

>>仮想通貨を今から始める人はコチラ!

  • 取引量国内No.1
  • 仮想通貨取引所セキュリティ国内No.1
  • 取引所取り扱い銘柄数国内No.1
他の取引所を開設している人でも、手数料が安くわかりやすい!
無料で開設できるので、まだ開設していない人は作っておいて損はない。

仮想通貨を今から始める人必見


▼記事の動画版もあります。よかったら聞き流しでどうぞ!▼

イルビウム(Illuvium)プライベートβ2(PB2)基本操作

まずは、プライベートβ2の基本操作を解説します。

それぞれをくわしく解説していきます。


ニックネーム変更(名前の変更)

まずはニックネームの変更をしましょう。

リーダーボードに乗る名前になります。

まずは右上のアイコン右の『ペン』のマークをクリック


『New nickname』にニックネームを入力、下記の条件で入力可能です。

  • 3文字以上
  • 16文字以内
  • 英語か数字のみの入力

一部の記号も使えました。

エクスクラメーションマーク!
シャープ#
ドルマーク$
パーセント%
アンド&
かっこ()
アットマーク@
アスタリスク*
アンダーバー_
ハイフン-
入力を確認できた記号


入力ができたら『SAVE』を押して保存して終了です。


各種設定方法|グラフィック設定

次にグラフィックやオーディオなどの基本設定です。

右上の歯車のマークをクリックして設定画面へ


ビデオ(Video)設定

Video設定画面
  • 解像度
  • ウィンドウモード
  • フレームレート上限

などが設定可能です。

変更してみてあなたが使いやすい設定にしましょう。


オーディオ(Audio)設定

Audio設定画面

各種音量を調整できます。

  • サウンド全体
  • SFX(効果音)
  • 音楽

それぞれオンオフの設定や音量の調整ができます。

イルビアル(Illuvial)の音は消すなどもできるのは面白いですね。


グラフィック(Graphics)設定

Graphics設定画面

グラフィック設定画面です。パソコンスペックに合わせて設定しましょう。

操作が重たい場合は『All Quality』を『Low』にするとパソコンへの負担が少なくなります。

『Custom』で好みの設定にすることもできます。

私の持っているインテルMacbookProはLow設定でもカクカクでした。


ゲームプレイ(Gameplay)設定

Gameplay設定画面

最後はゲームプレイ設定画面です。まだ、シネマティックイントロのオンオフ設定のみになっています。


シネマティックイントロは下の動画の様な、ゲームスタート時にアリーナが登場する演出のことです。

シネマティックイントロ

シネマティックイントロは1回見たらオフでいいかも・・・


2つのモード

イルビウム(Illuvium)のプライベートβには

  • Competitive(コンペティティブ)
  • Training(トレーニング)

ざっくり言うと、本番モードと練習モードですね。


Competitive(コンペティティブ)モード

Competitive(コンペティティブ)モードは

  • 時間制限あり
  • チェックポイントは5waveごと
  • チェックポイントの使用は3回まで

上記の条件でプレイして、waveのクリア数や撃退数によってリーダーボードに乗ります。

ガチプレイのランキングモードです。


Training(トレーニング)モード

Training(トレーニング)モードは

  • 時間制限なし
  • チェックポイントは1waveごと
  • チェックポイントの使用は無限に可能

あくまでトレーニングモードなので、リーダーボードには乗らず。出てくる敵やデッキも前日の内容になります。

前日クリア出来なかったwaveを、トレーニングでクリアするのは練習になります。


基本操作方法

初期の設定が終わったら基本的な操作方法を解説します。

操作方法は公式よりマニュアルが出ています。ですが全て英語です・・・

え・・・英語は怖くて震えます。

英語なので、日本語訳した内容を作りました。

内容を確認しながら解説します。


詳細情報を表示させる。

イルビアル(Illuvial)やオーグメント(Augments)の効果、アフィニティ(Affinity)やクラスの情報などカーソルを合わせると詳細情報がでます。

オーグメント(Augments)/イルビアル(Illuvial)の詳細情報


アフィニティ(Affinity)やクラスは下の画像の様に、対象となるイルビアル(Illuvial)の床が光るのでわかりやすい。

アフィニティ(Affinity)の詳細


フィールドに配置されているイルビアル(Illuvial)もクリックすると下の画像の様に詳細情報が見られます。

イルビアル(Illuvial)の詳細情報

おお・・・すべて英語で読めない。

将来的には日本語対応の可能性は高いですが、β版である現在は英語です。

各種詳細情報を日本語で解説している記事もあります。


次のWaveのイルビアル(Illuvial)を表示

画面右上『INCOMING』にカーソルを合わせると、次のWaveで登場するイルビアル(Illuvial)が表示されます。

INCOMING表示画面

次のステージを想定して、配置するイルビアル(Illuvial)を考える時に使えます。


レンジャーの武器を変更

レンジャーの武器と防具は下の動画のように、アイコンをクリックして選択できる装備を選べば装備できます。

レンジャーの武器変更動画

それぞれの武器には属性的なアフィニティやクラスなど能力差があります。

選ぶ武器でレンジャーの戦い方が変わる


ボンディング

ボンディングの機能を使うと、レンジャーに選択したイルビアル(Illuvial)のアフィニティとクラスを付与できます。

やり方は簡単です。レンジャーの武具アイコンの右側『+』のマークをクリックして、イルビアル(Illuvial)を選択してボンディング

ボンディング操作動画

ボンディングによってより多くのアフィニティ(Affinity)が再現可能になり戦略が深まります。


カードをフィルタリングする。

多くのイルビアル(Illuvial)やオーグメント(Augments)カードの中から最適なカードを探すのは大変です。

そこで、カードをフィルタリングして選ぶ機能があります。例えばネイチャーのアフィニティ(Affinity)だけのカードにフィルターするなどです。

この機能を使うとどのカードがあるのか把握も簡単です。

カードのフィルタリング動画

カードの選択に制限時間があるので、フィルターは使いこなして時間短縮していきましょう。


ヘルスパーとUIの非表示

画面に表示されている内容を、消すこともできます。

  • 『Shift+H』ヘルスバーの非表示/表示
  • 『Shift+U』UIの非表示/表示

例えば下の画像の様にヘルスバーや各種アフィニティ(Affinity)が表示されている場合も

ヘルスバー・UI|表示状態

下の画像の様に、すべて消せます。

ヘルスバー・UI|非表示状態

スクリーンショットを撮りたい時や、イルビアル(Illuvial)の動きを見たい時には便利ですね。


バグ報告

キーボードの『B』を押すとバグ報告画面がすぐに出ます。

バグ報告画面
  • フィードバック(Feedback)
  • バグ(Bag)
  • クラッシュ(Crash)

を報告できます。

メールアドレスや概要(Summary)詳細説明(Desription)を入れて報告しよう!

スクリーンショットも入れるとより改善が早くなると思います。

β版の目的にバグを改善することがあるので、積極的に報告したい


ゲームメニューを表示

キーボードの『Ese』ボタンを押すとゲームメニュー画面がでます。

ゲームメニュー画面

音楽の音量を下げたりプレイ中にできます。

詳細設定方法は『各種設定方法|グラフィック設定』の見出しで書いています。

設定中もゲームの時間は動いているので注意!


カメラ操作

キーボードの『W』『A』『S』『D』『Q』『E』でカメラ操作ができます。

  • 『W』&『S』でズームイン/ズームアウト
  • 『A』&『D』でカメラを左右に移動
  • 『Q』&『E』でカメラを上下に移動

カメラ操作動画

上下左右の矢印キーでも『W・A・S・D』と同じようなカメラ操作ができます。


カメラの周りを操作

マウスの右ボタンを押したままで、マウスを操作するとカメラの向きを調整できます。

上の動画の様に、『W』で寄ってイルビアル(Illuvial)の戦闘にカメラを向けることもできます。


スペースバーでカメラリセット

カメラ位置を元の位置に持ってくるのは一苦労です。

そこでスペースバーを押すと、初期のカメラ位置に戻ります。

初期のカメラ位置

カメラを色々触ってもスペースですぐ戻れます。


デフォルトカメラ

デフォルトでカメラ設定が3パターン設定されています。キーボードの『1』『2』『3』で変更が可能です。

カメラモード1

一般的なカメラモード


カメラモード2

横から見たカメラモード(味方が左に表示)


カメラモード3

横から見たカメラモード(味方が右に表示)

あなたにあったモードでプレイ


イルビウム(Illuvium)プライベートβ2(PB2)ゲームの流れ

ここからはイルビウム(Illuvium)プライベートβ2のゲームの仕組みを解説していきます。

  • 時間の設定
  • マスタリーポイント
  • チェックポイント

ゲームをプレイして勝利するための基本情報です。


イルビアル(Illuvial)配置する時間

画面上部の『PLANNING』で表示されている。イルビアル(Illuvial)を配置する時間はWaveによって変わってきます。

Wave1は35秒からスタートし、Waveが増える度に5秒ずつ考えて設置する時間が増えます。

Wave1Wave2Wave3Wave4Wave5Wave6Wave7Wave8Wave9Wave10Wave11Wave12Wave13Wave14Wave15Wave16Wave17Wave18Wave19Wave20Wave21Wave22Wave23Wave24Wave25Wave26Wave27Wave28Wave29Wave30Wave31Wave32Wave33Wave34Wave35Wave36Wave37Wave38Wave39Wave40
35秒40秒45秒50秒55秒1分1分5秒1分10秒1分15秒1分20秒1分25秒1分30秒1分35秒1分40秒1分45秒1分50秒1分55秒2分2分5秒2分10秒2分15秒2分20秒2分25秒2分30秒2分35秒2分40秒2分45秒2分55秒3分3分5秒3分10秒3分15秒3分20秒3分25秒3分30秒3分35秒3分40秒3分45秒3分50秒3分55秒
各Waveの時間

各Waveごとの時間を表にするとこんな感じです。Wave30を超えると3分以上の時間があります。


残り時間が5秒を切ると時間表示が赤くなり知らせてくれます。

時間表示が赤くなると、スタートボタンを押せず。スタートを待つしかなくなります。


タイムオーバー45秒以降に注意!

バトルが始まり。45秒を超えるとバトルフィールドが下の動画の様にフラッシュして、敵味方両方のイルビアル(Illuvial)にダメージを与えます。

この仕組みはバトルの勝敗に大きく影響されます。

戦略的にフィールドダメージの仕組みを使うと勝利を得やすいかもしれません。


マスタリーポイントの増え方を知る

マスタリーポイントの管理はイルビウム(Illuvium)バトルシステムの重要ポイントです。

マスタリーポイント
  • イルビアル(Illuvial)の配置
  • オーグメント(Augments)の設置
  • レンジャーの武具

マスタリーポイントは、これらを仕様するために必要なポイントです。

マスタリーポイントの増え方を知るのは超重要!


マスタリーポイントは120でスタートして、基本ポイントとして毎Wave20ポイント増えます。

さらに前のWaveで残したマスタリーポイントの5%利子として追加で入ります。

具体例として
Wave1で120P残したら、wave2は146Pになります。
(120P+(20P『基本ポイント』+6P『利子分』)=146P)

wave2で41P使い、105P残した場合、wave3では130Pスタートになります。
(120P+(20P『基本ポイント』+5P『利子分』)
※割り切れない部分は切り捨てになります。

マスタリーポイントはプレイしながら覚えても良いと思います。


チェックポイント

イルビウム(Illuvium)のアリーナではバトルに負けると、チェックポイントからやりなおせます。

バトルモードでチェックポイントの仕様が違うので解説します。

チェックポイントに戻る時は、上の画像のボタンでチェックポイントからやりなおしましょう。


Competitive(コンペティティブ)のチェックポイント仕様

  • チェックポイントは5Waveごと
  • 3回までチェックポイントを利用可能
Competitive(コンペティティブ)モード

リーダーボードに乗る実績はチェックポイントで戻った後の実績になります。
例えば、20Waveで負けて、16Waveに戻り。17Waveで負けて終了した場合。
リーダーボードに乗る実績は17Waveになってしまいます。

この仕様はコミュニティでも議論されているので、変更修正される可能性もありますが注意ポイントです!

あと何回チェックポイントに戻れるか?は右上のマークから確認できます。

チェックポイント確認画面


Training(トレーニング)のチェックポイント仕様

  • ひとつ前のWaveに戻れる。
  • 何回でもチェックポイントを利用可能

トレーニングモードは徹底的に練習しやすいモードですね。


イルビウム(Illuvium)のバトルで勝つための重要ポイント

イルビウム(Illuvium)のバトルに勝つためには、ここまでで解説してきた基本的な流れを知っている上で

  • イルビアル(Illuvial)
  • クラス
  • アフィニティ(Affinity)
  • オーグメント(Augments)
  • シナジー効果の種類と特徴
  • ハイパーモード

など、把握しておいた方が良い内容が多い。

各項目を日本語で解説しているので、下記の記事を参考にしてください。

その中でもプライベートβ2から登場し重要なポイント。オーグメント(Augments)があります。

非常に重要なオーグメント(Augments)についてくわしく解説します。


オーグメント(Augments)

オーグメント(Augments)はイルビアル(Illuvial)を強化するカードで、種類も効果も様々あります。

同じイルビアル(Illuvial)でもオーグメント(Augments)を付けているかで、まったく違う存在になります。

オーグメント(Augments)の種類や特徴を日本語でまとめた記事も随時更新していますので、ぜひ参考にしてください。


オーグメント(Augments)をイルビアル(Illuvial)に装備させるには、3つのステップでできます。

  • オーグメント(Augments)を選ぶ
  • イルビアル(Illuvial)に取り付ける
  • 2つスタッツを選ぶ

下記の動画の流れになります。

どのオーグメント(Augments)をどのイルビアル(Illuvial)に装備させるかが重要です。

オーグメント(Augments)設置時に2つ能力アップできるスタックも重要ポイントです。

選べるマークの意味は下記の通り。

プライベートβ2から導入されたオーグメント(Augments)を有効利用してバトルを勝利しよう!


イルビウム(Illuvium)プライベートβ2(PB2)基本操作をなれて勝ち進めよう!

イルビウム(Illuvium)のプライベートβ2の基本操作や設定方法を解説してきました。

少しでもこれを見ているあなたの役に立てる記事になっていたら嬉しいです。

ぜひ、一緒にイルビウム(Illuvium)を楽しもう。


\ イルビウムを始めたい人は /

「イルビウム始め方」を読む


>>仮想通貨を今から始める人はコチラ!

  • 取引量国内No.1
  • 仮想通貨取引所セキュリティ国内No.1
  • 取引所取り扱い銘柄数国内No.1
他の取引所を開設している人でも、手数料が安くわかりやすい!
無料で開設できるので、まだ開設していない人は作っておいて損はない。

>>仮想通貨取引の開設方法はこちらを参考に!

仮想通貨を今から始める人必見


▼知りたい所から読む方はこちら▼


各種運営メディアもチェック

イルビログをサポートする


  • この記事を書いた人

ヨウ♪

2019年から仮想通貨投資| 2021年イルビウムに注目| 1年以上イルビウムを調査| 133万円以上イルビウムに投資| SNS総フォロワー数4200人以上| イルビウム専用チャンネル「イルビデオ」運営| 日本のイルビウムコミュニティ運営| 全世界イルビウム有識者チーム『Infoluvial』所属| 一緒にイルビウム(Illuvium)を楽しみ、稼ごう!

-始め方, バトルシステム